リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

国内イベント

(読者プレゼントあり!)「真夏の夜のリュック・フェラーリ」イベントレポート

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 今日は7月14日に京都メディアショップで開催されました「真夏の夜のリュック・フェラーリ」の模様をお伝えしていきます 。(本文最下部にプレゼントのお知らせがありますのでお見…

「真夏の夜のリュック・フェラーリ」グッズ(一部)ご紹介

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 いよいよ明日、京都mediashopにおきまして「真夏の夜のリュック・フェラーリ」を13時より開催します。 メインとなるトーク「そして音はフェラーリを巡る 〜リュック・フェラーリ、…

7月14日は京都で「真夏の夜のリュック・フェラーリ」!(お昼もあります)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 前回のブログでもちょっぴり予告してたのですが、プレスク・リヤン協会日本支局では、来る7月14日(金)、京都三条のメディアショップ・ギャラリーにて、CD-BOX ”prix Presque Rie…

特集二本立て!<『リュック・フェラーリ センチメンタル・テールズ』出版記念、大いなるリミックス~センチメンタル・テールズ> 

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 お待たせしました! 創設10周年を目前に控えたプレスク・リヤン協会(本部:パリ)。 今日は日本の読者の方だけではなく、海外のみなさまにもぜひ(翻訳してでも)読んでいただきた…

「リュック・フェラーリ センチメンタル・テールズ──あるいは自伝としての芸術」(2)(5月10日の出版イベント(京都)のお知らせあり!)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 リュック・フェラーリファンのみならず、現代音楽ファンの方にもぜひぜひおすすめしたい『リュック・フェラーリ センチメンタル・テールズ──あるいは自伝としての芸術』(アルテスパ…

2016年1月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州ならびに日本)(1月10日追記)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、謹んで新年の寿を申し上げます。 「リュック・フェラーリ没後10年」となった昨年はフランスをはじめ、日本でもさまざまな形でリュック・フェラーリに関するイベントが開催されておりましたが、本…

【報告】2015年12月、京都でのリュック・フェラーリ関連イベントレポート

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、いよいよ押し詰まってきた年の瀬ですが、いかがお過ごしですか? まだお仕事が納まらないあなたも、忘年会三昧で胃腸がお疲れ気味なあなたも、新年を控えて大掃除中なあなたも、ちょっと手を休めて…

名古屋のコンサートのお知らせと、Collège des Bernaridinでのコンサートレポートです!

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 今日は今週土曜に愛知県芸術文化センターで開催されます、中川賢一さんによるリュック・フェラーリのピアノ作品コンサートに向け、本年4月にパリの”Collège des Bernaridin”で行われ…

特集:ブリュンヒルド・フェラーリ来日企画2014ルポ(その3)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 先週から始まった「特集:ブリュンヒルド・フェラーリ来日レポート」では10月に開催されたブリュンヒルド・フェラーリ来日企画の模様を当日のスタッフからのルポ、いただいたメール…

特報!Vimeoでプレスク・リヤン賞2013コンサートの鼎談が一挙公開!

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 お待たせいたしました、今日は以前から当ブログで予告されておりました「プレスク・リヤン賞2013」コンサートでの鼎談部分の映像公開のお知らせです。 英語版ポスター 9月24日…

特集:ブリュンヒルド・フェラーリ来日企画2014ルポ(その2)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 昨日から始まった「特集:ブリュンヒルド・フェラーリ来日レポート」、先月開催されたブリュンヒルド・フェラーリ来日企画の模様を当日のスタッフからのルポ、いただいたメール等の様…

特集:ブリュンヒルド・フェラーリ来日企画2014ルポ(その1)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 今日から数回に分け、先月開催されたブリュンヒルド・フェラーリ来日企画の模様を当日のスタッフからの情報、いただいたメール等を元に編集してお届けしていきたいと思います。 (以…

リュック・フェラーリ監督作品が日本で初めて東京と京都で特別上映!(その2)

全国2万5千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 前回に引き続き、今日は10月28日18時半(18時開場)より、京都の同志社大学(今出川)で開催される、リュック・フェラーリの作品上映とブリュンヒルド・フェラーリ女史による…

【緊急告知!】ブリュンヒルド・フェラーリ日本初ソロライブ!東京ではジム・オルークとのツインが決定!

10月20日に神戸塩屋の旧グッゲンハイム邸、ならびに26日に六本木SuperDeluxeで開催されるコンサートについてお知らせいたします。 クリストフ・ヒーマンは、回復からの来日を期待しておりましたが、この度、医師の指示により正式にすべての来日を急遽…

リュック・フェラーリ監督作品が日本で初めて東京と京都で特別上映!(その1)

全国2万5千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 今日はいよいよ今週から武蔵野美術大学(17日、2本)と京都の同志社大学(今出川)(21日ー第一弾、28日ー第二弾)で開催されるリュック・フェラーリの作品上映とブリュンヒル…

【速報ルポ】プレスク・リヤン賞2013コンサート(東京:武蔵野美術大学)の報告です

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 お待たせしました、今日は10月2日に東京小平市の武蔵野美術大学の12号館ビデオアトリエで開催されました、クリストフ・シャルル研究室主催の課外講座「リュック・フェラーリと世…

プレスク・リヤン賞2013コンサート(京都)速報ルポ

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 今日はごく簡単にではありますが、昨日9月24日に京都田辺にあります同志社女子大学頌啓館ホールで開催された文芸学部音楽学科主催の公開講座「リュック・フェラーリと世界の電子音…

リュック・フェラーリと世界の電子音楽~プレスク・リヤン賞をめぐって~(プレスク・リヤン賞2013コンサート)作品と作曲家の紹介(終盤)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 本日も序盤、中盤に引き続き、作曲家の皆さんの紹介と、「自作について」の終盤、ならびに武蔵野美術大学でのオープニング並びにインターミッションに選ばれた作品を掲載していきます…

リュック・フェラーリと世界の電子音楽~プレスク・リヤン賞をめぐって~(プレスク・リヤン賞2013コンサート)作品と作曲家の紹介(中盤)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 本日も序盤に引き続き、作曲家の皆さんの紹介と、「自作について」を掲載していきます。 同志社女子大学で9月24日(水曜日)、武蔵野美術大学で10月2日(木曜日)に開催されま…

リュック・フェラーリと世界の電子音楽~プレスク・リヤン賞をめぐって~(プレスク・リヤン賞2013コンサート)作品と作曲家の紹介(序盤)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 いよいよプレスク・リヤン賞2013のコンサート(正式タイトル「リュック・フェラーリと世界の電子音楽」~プレスク・リヤン賞をめぐって~)が近づいてきました。 同志社女子大学…

必携!リュック・フェラーリ関連イベントまとめ(2014秋版)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 「ブログに細かい情報が載っているのはいいんですが……こう、なんか見やすい、ブックマークできそうな、『予定だけのページ』って、作れませんか?イベント多くて全部覚えきれないっす…

ブリュンヒルド・フェラーリ、本年10月来日決定!

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは!! 【緊急告知!】ブリュンヒルド・フェラーリ日本初ソロライブ!東京ではジム・オルークとのツインが決定! - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版) 今日…

「リュック・フェラーリ銀盤解説大作戦」【第7回】特別編:ジャクリーヌ・コー、日本に現る!

ヴォルテール通り11番地、地下2階……。 ルスタロ少佐:う~む、トルミンが日本にいる間の留守を預かってはみたものの、普段やつに任せっきりのこの傍受室、どうも勝手がわからんな……(ガサゴソ、パカッ……)あ、あのやろう、こんなところにビールのストックを…

ジャクリーヌ・コー監督がジェフ・ミルズ、最新映画と共に来日!

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 今日はこのゴールデンウィーク、ドキュメンタリー「リュック・フェラーリとほとんど何もない」(Presque Rien avec Luc Ferrari)や同名タイトルの本の著作者でもあるジャクリーヌ・…

茅野市での「音風景の可能性」コンサートのご紹介

全国2万5千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんにちは。 3月4日のエントリーでも少し触れましたが、来る3月23日、長野県茅野市でブリュンヒルド・フェラーリ女史の作品が上演されますので、今日はこのイベント「音風景の可能性」およびコン…

中村麗さんからのメッセージ

全国2万5千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 ドイツに戻られた中村麗さんから皆様にあてた御礼の転載許可をいただきましたので、掲載させていただきますね。 「日本のみなさま、2月8日の日本デビューコンサートが無事終わり大…

『中村麗プロジェクト』応援いただきありがとうございました!

全国2万5千人のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 2月8日、杉並公会堂において開催されました一連のイベント『世界に開く窓~世界で活躍する日本人音楽家シリーズvol.1 中村麗プロジェクト:ピアノ+エレクトロニクス+ビデオ』、およ…

チケット完売のお知らせ(2月6日追記あり)

全国2万5千人のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 既にご存知かと思いますが、2月8日に杉並公会堂小ホールにて開催されます、Association Presque rien(プレスク・リヤン協会)の公認コンサート『中村麗プロジェクト ピアノ+エレク…

中村麗「リュック・フェラーリの曲「Und So Weiter」との出会い」

全国2万5千人のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 本日は、いよいよ来月、2月8日に杉並公会堂で行われますプレスク・リヤン協会公認イベント「中村麗プロジェクト」(主催:日本現代音楽協会)で演奏されます、リュック・フェラーリの…

中村麗プロジェクト、一部優先席完売のお知らせ

全国2万5千人のリュック・フェラーリファンの皆様、こんにちは。 2013年2月8日(金曜)に杉並公会堂小ホールにて行われます、Association Presque rien公認コンサート 『中村麗プロジェクト ピアノ+エレクトロニクス+ビデオ』 ですが、一部優先座席が完…

2013年度 Association Presque rien(プレスクリヤン協会)公認コンサート『中村麗プロジェクト』のお知らせ

全国2万5千人のリュック・フェラーリファンの皆様、こんにちは。 このたびAssociation Presque rienでは、2013年2月8日(金曜)に杉並公会堂小ホールにて行われます 『中村麗プロジェクト ピアノ+エレクトロニクス+ビデオ』でLuc Ferrari作品が演奏され…

武蔵野美術大学特別講義 映像インスタレーション『思い出の循環』"cycle des souvenirs" 採録

武蔵野美術大学特別講義 『思い出の循環』 司会 Christophe Charles (武蔵野美術大学教授) 語り手 Brunhild Ferrari (作曲家、Luc Ferrari夫人) 聞き手 椎名亮輔 (同志社女子大学教授) (敬称略) 椎名亮輔教授(以下椎名)「皆さん、こんにちは、今ご…

ブリュンヒルド・フェラーリ女史からのメッセージ(訳)

フランスに帰ったばかりなのに、もう、あなた方とあなた方の国が恋しく思います。 私は、そこで、あなた方のおかげで、とても幸せでした。 一連の催し物にきてくださったあなた方、私の講演などをオーガナイズしてくださり、また参加してくださったあなた方…

Brunhild Ferrari女史から、今回お世話になったすべての皆様へのメッセージ

帰国されたばかりのBrunhild Ferrari女史から、今回の一連の『センチメンタルテールズ』イベントおよび特別講義(同志社女子大学、西麻布スーパーデラックス、武蔵野美術大学、東京芸術大学、同志社大学、ジーベックホール)にご来場いただいたお客様、聴講…

いよいよ本日

神戸ジーベック・ホールでの「ヘールシュピールの諸相」いよいよ本日本番です。あいにくの雨ですが、開会に向かって晴れてもらおうと。メキシコ人姿のリュック・フェラーリを。

武蔵野美術大学でのリュック・フェラーリ『思い出の循環』特別講義の録音を公開いたします。

去る11月12日に武蔵野美術大学で行われたリュック・フェラーリの映像インスタレーション『思い出の循環』に関する特別講義対談(ブリュンヒルド・フェラーリ女史、椎名亮輔同志社女子大教授)の模様をアップいたしました。どうぞこちらからお聞きくださ…

石上和也の音源プレゼント

先日、お伝えしましたように、 11月17日@神戸ジーベックホールにて、 当日抽選で石上和也の音源をプレゼントいたします。石上和也 ソロCD「trash, rubbish, poor works」を5名様に。 ご希望の方に受付にてクジ引きしていただく予定で考えております。 (石…

いよいよ明日!《リュック・フェラーリと〜音楽をめぐる映画》@同志社大学寒梅館ハーディーホール

明日、11月15日(木)、同志社女子大学寒梅館ハーディーホールにてリュックフェラーリ関連の映画上演会をおこないます。 なかなか観ることの出来ない作品ばかりです。是非お見逃し無く!(石上) - <ヘールシュピール(ラジオドラマ)の諸相〜センチメンタル…

東京芸術大学で講演をしていただきました

11月13日火曜日、東京芸術大学千住キャンパスでブリュンヒルド・フェラーリ氏による特別講義が行われました。学内授業の一環であったため残念ながらこちらのブログではご案内できませんでしたが、多くの学生が関心をもって受講しました。講義内容はヘールシ…

11月17日神戸ジーベック:インスタレーション展示「Music Promenade(1964〜1969)」

「ミュージック・プロムナード:軍隊と工場の渦巻きの真ん中で、断末魔のフォークロアと道に迷った少女が、垣間見える。リュック・フェラーリ」 11月17日神戸ジーベック・ホールでは、 リュック・フェラーリのインスタレーション作品をホワイエにて展示上演…

石上和也の音源をプレゼント予定 11月17日@神戸ジーベック

11月17日@神戸ジーベックホールですが、 当日抽選で石上和也の音源をプレゼントいたします。 石上の音源なんか要らん、と言われそうですが、 まあそうおっしゃらずに。 プレゼントさせてください。お願いします。。。何名様か、何のCDか、など今考え中です…

武蔵野美術大学におけるリュック・フェラーリ映像インスタレーション『思い出の循環』

ついに完成しました! 巨大な流線型をなすの壁面一杯の映像と、それらを取り囲むように設置された12個のスピーカー。 躊躇せず、ぜひその映像に近づいてみて下さい。 時には中央に用意してある椅子に腰掛けて、ゆっくりとその世界の中を堪能してみて下さい。…

いよいよ明日! 『センチメンタルテールズ 〜in memory of Luc Ferrari〜』

いよいよ明日、西麻布SuperDeluxeにて本番です!永田一直によるDJあり、ジャクリーヌ・コー監督による映像作品の上映あり、大友良英のライヴ演奏あり、8chマルチスピーカーによるフェラーリ作品の鑑賞あり(オペレーションを担当されるブリュンヒルド・フェ…

11月17日(土)@ジーベックホール 上演システムについて

11月17日(土)「ヘールシュピール(ラジオドラマ)の諸相〜センチメンタルテールズ」@ジーベックホールの上演システムは、「アクースモニウム」と呼ばれている音響装置を使用します。所謂、立体音響を演出するスピーカー装置です。通常10数チャンネルから、…

センチメンタルテールズ 〜in memory of Luc Ferrari〜

11月11日(日)に西麻布のSuperDeluxeで行われるイベント、『センチメンタルテールズ 〜in memory of Luc Ferrari〜 8chマルチスピーカーで聴くフェラーリ作品と関連映像作品の上映』のプログラムの詳細についてご説明します(以下、http://d.hatena.ne.jp/c…

思い出の循環

ジャクリーヌ・コー『リュック・フェラーリとほとんど何もない』の中の《思い出の循環》についての記述を以下に引用します。 思い出の循環1995年4月8日音響装置は、観客—聴衆を取り囲む曲線の表面を作るようにしなければならない。しかし、いる場所によって…

センチメンタル・テールズ お問い合わせ一覧

【『センチメンタル・テールズ』日程、ご予約、お問い合わせ先一覧】11月5日(月)〜11月9日(金) インスタレーション『思い出の循環』 会場:同志社女子大学(京都府京田辺市)mscギャラリー 時間:9:30〜18:00 入場料:無料 問い合わせ先:同志社女子…

石上和也上演作品の紹介です。タイトル「須磨2012 short version」

今回上演させていただく作品「須磨2012 short version」は、「2nd49」「須磨」の2作品の音素材を使用して制作しました(というか、現在制作中です)。 「2nd49」は、2006年、ドイツ国営放送でのヘールシュピール作品として制作した49分49秒の作品で、「父親…

リュック・フェラーリとは誰であったか〜開閉、遺伝子組み換えアーカイヴ、ほとんど何もない第二番から〜

渡辺愛です。2009年2月14日、東京・飯田橋の日仏学院でリュック・フェラーリの作品をいくつかアクースモニウム演奏しました。その際にプログラムに寄稿した文章を転載します。4年も前の文なので、ちょっと恥ずかしいところもありますが...。 なお、「ほとん…

かつふじたまこ上演作品の紹介です タイトル『私のおうちを壊さないで〜Don't Destroy My Home〜』

タイトル『私のおうちを壊さないで〜Don't Destroy My Home〜』この作品は主に、私の実家に眠っていたオープンテープに録音されていた、若き日の父や幼い姉や私(?)の声、そして数十年の時を隔ててHDに録音された甥っ子達の声で構成されています。つまり、…