読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

こちらリュック・フェラーリ相談室(第10回)緊急特別大雪企画!

「こちらリュック・フェラーリ相談室」 テーマ記事

 

全国2万5千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。

この冬一番どころか、数十年に一度とさえ言われる大雪来襲で、この週末はお出かけを取りやめた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今日はすっかりお馴染みになりました、『こちらリュック・フェラーリ相談室』第10回をお届けしますが、今回は当初予定されていた「第10回記念企画」を変更し「緊急特別大雪企画!」として一曲ご紹介する予定です。

 

 

なお、普段このコーナーは、当ブログにおいでいただいた方に、電子音楽から器楽やオペラ、ラジオドラマ音響(ヘールシュピール)など、一筋縄ではいかない作曲家リュック・フェラーリの作品の中から「とりあえずの1枚」を選ばれる際に参考にしていただくべく

 

『受験の前に気分を落ち着かせるためのリュック・フェラーリを知りたい』

『春になったら川でカヌーを漕ぎながら聴きたいリュック・フェラーリこの1枚』

国際宇宙ステーションISS)から地球を眺めながらリュック・フェラーリを聴くとしたら、どの一曲が一番ぴったりくるか教えてください』

 

といった、「ちょっぴり尋くのがためらわれるような思いつきの質問」を、パリのプレスク・リヤン協会のメンバーにぶつけ、そこそこイケてる回答をいただいてしまおうという、実に他力本願極まるコーナーです。

 

なお、音楽の好みにはもちろんそれぞれ個人差がございます。このページで紹介されている曲が、少しでもみなさまがリュック・フェラーリの作品に触れていただくきっかけになればと思います。

 

それでは早速昨日いただいたメールをご紹介します。

「こんにちは、いつもブログ楽しみにしています。(中略)こちらもびっくりするほどの大雪で、もう外に出る気も完全になくなりました。(中略)もう週末だし引きこもっておこうと思います。そういう時に一曲聴くとしたら、どんなのがいいと思いますか?(後略)」

 

メール本当にありがとうございます!というのも、「雪の日のおすすめ」というのは既にプレスク・リヤン協会日本支局開設準備室の公式ツイッターLuc Ferrari (presquerien_ja)でつぶやいているんです!

昨年発売された”programme commun”からブリュンヒルドフェラーリ作品、”Tranqilles Impatience”です!

 

f:id:presquerien:20140209192925p:plain

 

Amazon.co.jp: Programme commun: 音楽

 

静かに降っていた雪が止んで、吸い込まれそうな冬の藍色の空にちかちか光る星を見ながら聴くには抜群にぴったりの一曲だと言えましょうし、深夜の清澄な空気の下で聴くこの曲は、あなたにきっと聴覚体験の醍醐味を届けてくれると思います。

なお、20分ほどの作品となりますので、お試しになる際にはくれぐれも防寒対策をしっかりとなさってからお出かけください。

 

 

なお、レコード好みの方にはBrunhild Ferrari作品”Tranqilles Impatience”としてレコードでも発売されております。

f:id:presquerien:20130503165722p:plain

 

ジャケットはこちらが雪の日向けかもですね。

 

Brunhild Ferrari "Tranquilles Impatiences" [LP] Alga Marghen - Art into Life

 

 

当コーナーではみなさまからのご質問(日本語可)を募集しています。

 

当相談室ではリュック・フェラーリ作品を扱っていただいているお店のサイトもどんどん紹介したいと思っております。「アマ◎ンよりはるかにリュック・フェラーリ作品に力を入れている!」というお店の方や、そんなお店をご存知の方は、ぜひお気軽にメールでお知らせください。

 

 

それでは次回をお楽しみに!

 

【参考過去記事】

こちらリュック・フェラーリ相談室(第9回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

『こちらリュック・フェラーリ相談室』(第八回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

『こちらリュック・フェラーリ相談室』(第七回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版) 

 

こちらリュック・フェラーリ相談室(第六回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

『こちらリュック・フェラーリ相談室』(第五回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 『こちらリュック・フェラーリ相談室』(第四回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

『こちらリュック・フェラーリ相談室』(第3回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

『こちらリュック・フェラーリ相談室』(仮称)(第二回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

こちらリュック・フェラーリ相談室(第1回) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)