読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

PRIX PRESQUE RIEN 2017(プレスク・リヤン賞2017)の募集詳細

 

こんばんは。

 

本日は『プレスク・リヤン賞2017』(PRIX PRESQUE RIEN 2017)の募集要項の詳細についてお伝えしていきます。

 

f:id:presquerien:20161121202716p:plain

 

<<The dangerous freedom given to artists to create>> ”La dangereuse liberté laissée aux créatures de créer"が示す通り、一筋縄ではいかないこの賞ですが、本年も意欲溢れる作品を募集しています!

 

既に プレスク・リヤン協会本部ウェブサイトで日本語ニュースページも更新されておりますので、以降はこのニュースページの内容に沿ってお伝えしていきますね。

 

〜もくじ〜

 

 

 

~本日の内容のおまとめ~

 

①プレスク・リヤン賞コンクールとは2年に一度開催されるリュック・フェラーリの録音アーカイブスを使った作品による国際コンクール。応募資格に関する制限はない。本年度(2017年度)は「プレスク・リヤン賞2017」が開催される。

②プレスク・リヤン賞に選出された作品(1名)には2000ユーロが贈呈され、またそれ以外の応募作にも海外のラジオ放送やコンサートで上演されるなどのチャンスがある。

③応募に当たってはまずプレスク・リヤン協会本部ホームページのサウンド・ファイルを試聴し、使用する音源を決めた上で高音質ファイルを請求し、受け取ってから制作する。

④サウンド・ファイルを請求する際に出品料として25ユーロをPayPal(アカウント名は必ずアルファベットを使用)にて納入した後にサウンド・ファイルをダウンロードすることが可能となる。

⑤応募に当たっては英仏独語のどれかを使用し、また規定のフォーマットに沿って応募するなど、作品の応募方法、制作、出品の際それぞれに注意すべき点がある(本文参照)

 

 

 『プレスク・リヤン賞』については、年々日本からの応募者も増加していますが、4回目となる今回の紹介では、より詳細に参加方法をお伝えすることで、少しでもみなさまの作品が国際的な舞台で選考されるようにお伝えしていきたいと思います。

前回開催された「プレスク・リヤン賞2015」では日本からの作品に応募条件を満たしていない作品や、正式な手続きを踏めていない方がいらっしゃいましたので、ぜひ今回、以下の文章を熟読、ご理解いただき、渾身の力作が「審査外」とならないようにお願いいたします。

 

〜プレスク・リヤン賞について〜

プレスク・リヤン賞(prix Presque Rien,Presque Rien prize)は、20世紀フランスの作曲家リュック・フェラーリ(1929~2005)が収集した録音音源を、プレスク・リヤン協会がデジタルアーカイブ化する際に抽出、選定したサウンド・ファイルを使用した優秀な芸術作品に対して与えられる賞です。

この賞はリュック・フェラーリ(Luc Ferrari)夫人であるブリュンヒルドフェラーリ女史(Brunhild  Ferrari)によって2011年に創設され、プレスク・リヤン協会の運営の下で、隔年に1回開催されています。本年2017年は開催年です。

(なお、プレスク・リヤン協会についての基本的な情報については、 プレスク・リヤン協会本部ウェブサイト、またはこちらをご一読ください。

「プレスク・リヤン協会」(Association Presque Rien)案内  )

 

プレスク・リヤン賞2017(1名)に輝いた作品には2,000ユーロ(130円換算で26万円)が授与され、協会サイトへ受賞者名が掲載されます。

 

応募の流れ

 

応募フローは次の通りです。

 

本部サイトで使用音源を抽出する

メールで音源の送付依頼をする(英仏独語のみ、アカウントの氏名表示は必ずアルファベットで)

ペイパルで出品料支払い(25ユーロ)(アカウントは必ずアルファベットで)

音源の受け取り

作品制作

作品(及び応募セット)送付(郵送のみ)

審査

審査発表

 

 

応募ルールを熟読しよう

 

まず応募にあたっては応募ルール(リンク)を理解し、把握していただくことが必須となります。

 

2017年度のプレスク・リヤン賞には<<The dangerous freedom given to artists to create>> (La dangereuse liberté laissée aux créateurs de créer)という1文がついています。

これまで2回開催されたプレスク・リヤン賞においては日本支局の公式ブログで変更点や応募条件だけではなく、作品制作の可能性などについても詳しく説明してきました。

しかし今回、応募者の自主性と想像力を最大限に発揮していただく観点から、基本的な応募ルールと注意点についてを特に解説していくこととし、またルールについても日本語版リンクを熟読していただくことで理解していただきたく思います。

 

応募リンクはこちらprix Presque Rien 2017 Japon.pdf 

 

その理由は上記の1文において、すでにこの賞では、「参加者がどのような姿勢を持って作品制作に向き合わねばならないかが端的に、そして詩的に表現されている」と考えるからです。そして傾向やパターンは存在しません。

「応募作品は応募可能なフォーマット形式を持っている必要がある」ことや「作曲作品や映像というような『ジャンル』にこだわらない」といったことも、本来この賞とリュック・フェラーリの表現を考えた時には自明であるといえましょうし、むしろどのような表現形式を作り出すかという点も含めて、過去の作品にとらわれない、意欲的な表現が出現することが大いに期待されています。  

1、使用音源の抽出

1、プレスク・リヤン協会本部ウェブサイトにアクセスする

参加者はまずフランスのプレスク・リヤン協会本部ウェブサイトLUC FERRARI にアクセスし、アイコンを中央部にあわせて英仏語のどちらかを選択します。(今回は英語を選択肢として紹介していきます)

f:id:presquerien:20161125190732p:plain

 

f:id:presquerien:20161125190756p:plain

2、併置されているアイコンから、やや沈ませた色調のオープンリールアイコン(PRESQUE RIEN prize 2017 )をクリックしてください。

f:id:presquerien:20161125190841p:plain

 

3、賞の詳細ページに入りました。”list of sound archives”をクリック。

f:id:presquerien:20161125190910p:plain

 

4、サウンド・ファイルのリストが出てきます。リストは2ページにわかれていて、32のサウンド・ファイルがアップされています。

f:id:presquerien:20161125191048p:plain

 

このリストがプレスク・リヤン賞2017の参加者が作品制作にあたって使用出来るサウンド・ファイルで、番号左横のスピーカーマークをクリックすることによって試聴することもできます。(画像は26番目のファイルを試聴している状態です)

 

f:id:presquerien:20161125190955p:plain

 

これらはプレスク・リヤン協会がリュック・フェラーリのテープアーカイブをデジタル化する際に収集されたものの一部です。

これらは参加者に限らず自由に閲覧したり、また使用可能なファイル(mp3方式)を試聴したりすることもできます。

2、音源の送付依頼

作品制作に使用するファイルが決まりましたら、そのサウンド・ファイルを入手してください。

注:サイト上のmp3音源は試聴用であり、これらを出品作、また作品の制作に使用することはできません(下部「作品制作 ※2」を参照ください)

出品者は brunhild.ferrari@orange.fr までメールでサウンド・ファイルの使用申請ならびに音源の送付依頼を送ります。(なお、CD以外のフォーマットを使用しての作品送付を考えておられる方は、制作と送付のフォーマットにつき、申請前に問い合わせのメールを出して回答を得ておかれるようにお願いします。また簡単な質問に関しては日本支局でも受け付けています)

 

申請書のフォーマットはありませんが、メール送付の際、以下の条件を必ず満たすようにしてください。

・受信の際、差出人の表記(氏名)が必ずアルファベットで表示されるようにしておく(それ以外の表記は原則として受け付けておらず、返信できません)

・英仏独語のどれかを使用。

・18ポイント以上の表記で書く。

・メールの件名を「Prix Presque Rien 4」とする

・メール本文に受け取りたいサウンド・ファイルの番号を書く

・文章は平易な文章で構いませんが、名前、連絡のつくメールアドレス、連絡先を表記すること。

以上を忘れずに書いて送信してください。

また蛇足ですが、応募者の方にはbrunhild.ferrari@orange.frならびに日本支局からメールでお問い合わせをすることがございますので、もう一度受信設定の確認をお願いいたします。

3、PayPalでの出品料の支払い

上記の使用申請のメールを送信された後、速やかにPayPal(ペイパル)で出品料(25ユーロ)の振込をします。(宛先はbrunhild.ferrari@orange.frです)

この際、注意事項として

・くれぐれもアカウント設定を確認し、御自身の氏名のアカウント設定がアルファベット表記で表示されることをご確認ください。(漢字表記の場合は御自身で変更、または新規作成をお願いします。漢字表記での送金は受け付けていません。また、振込後の返金はいかなる場合でも致しかねますので、くれぐれもご注意ください)

・ユーロでの振込であること、金額(25ユーロ)をご確認ください

また、メッセージ欄にも忘れずに

・Fee for prize presque rien 2017  

・あなたのお名前(アルファベットで)

をご記入ください。

 

なお、複数の作品を応募される場合でも、出品料は25ユーロです。

また、一度振込いただいた出品料につきましてはいかなる場合においても返金いたしません。お振込の際はご注意ください。

また、なんらかの理由でPayPalアカウントが利用できない方は日本支局までご相談ください(メールアドレスはブログ上部を参照ください) 

4、音源の受け取り

振込が完了してから最長でも10日以内に、出品者に向けて折り返しダウンロードの方法についての簡単な返事があります。返事に沿って音源を受け取って ください(メール送付後、一週間から10日たって連絡がない場合、改めてメールボックスをご確認の上、お手数ですがメールにてその旨お問い合わせください)

5、作品の制作(音源使用と作品公開に関するアナウンス)

制作された作品については以下の点をご理解ください。

 

【※1:作品ができたら】

作品の公開にあたってはプレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)の著作物を使用して制作されたものであることを明らかにする必要があります。このため応募作品の著作権は出品者にありますが、作品の上演・掲載・発表・著作権申請等をされる際には必ずサウンドを作ったリュック・フェラーリ(Luc Ferrari)の名前と、サウンド・ファイル名(プレスク・リヤン賞によって利用可能となった音源)を併記してください。

 

【※2:作品に関する注意】

1)プレスク・リヤン協会は公式ホームページにおいて応募者の名前を掲載します。

2)受賞作品の契約は受賞者とプレスク・リヤン協会の間で締結され、その作品の一部または全部が公式ホームページに掲載される他、コンサートや放送といった形で上演されます。

3)他の応募作品についても上演、放送等で使用されることがあります。

4)出来上がった作品の著作権に関しては基本的に作者にありますが、上演ならびに著作権の申請に際しては必ず『リュック・フェラーリの音源を使用したこと』、および『この音源はプレスク・リヤン協会主催によるプレスク・リヤン賞の選考によって使用可能になった音源である』という点を申し添える必要があります。(ダウンロードされた音源の使用はあくまでプレスク・リヤン賞に応募することを前提にしたものであり、プレスク・リヤン協会ならびに主催者が無条件の使用を許可しているものではありません)

 

応募者は作品を提出した時点で上記事項にすべて同意したものとします。

(以上については本部応募要項をベースとして翻訳したものです)

 

6、作品(及び応募セット)送付(郵送のみ)

 

応募に関しては郵送のみとなります。その他の方法では受け付けていません。

また郵送されたものに関しての返却はございません。

宛先は以下となります。

 

Brunhild Ferrari

56, Avenue Paul Signac

93100 MONTREUIL, France 

 

応募にあたっては必ず控えをとった上で、作品以外に英語、もしくは仏独語で

1、履歴書 ※1

2、作品の詳細な解説を添えたファイル、略歴 ※1

3、使用音源(リュック・フェラーリアーカイブの中から使用した音)を記したもの

を作成、添付してください。

 

これらに関してもフォーマットはありませんが、日本語や判読不能な形での送付、また基本的な情報が入っていない書式で作成されたものは審査外となることがあります。

※1 作品解説や略歴などはスキャンされ、後にプレスク・リヤン協会本部サイトで公開される可能性があります。そのためweb上に公開してもよい告知用メールアドレスや公開ホームページのアドレスと、Web上にアップロードされることが望ましくない住所や電話番号などの個人情報は、応募者自身の責任でそれぞれ紙を分ける、また「注意書き」を添付するなどして、誰が見てもその旨を理解出来るように作成してください。

 

締め切りについて

プレスク・リヤン賞2017の締め切りは2017年9月30日です。なお、応募規約では『当日消印有効』となってはいるものの、フランスの郵便事情や事務局での処理の都合などを考慮した場合、海外(日本)からの送付には9月30日に必着のイメージで応募されることが必要です。

郵便事情などによる不着、差し戻し、手続き不良などによる期限後の再応募などは審査外となりますのでご注意ください。

7、審査および審査発表

 プレスク・リヤン賞の審査は優秀な審査員で構成される審査委員会の開催により、厳正な審査を経て決定されます。

 

プレスク・リヤン賞2017の受賞者は2017年の12月20日以降に通知がなされ、受賞作品には2000ユーロが贈呈されます。

 

 

 

以上、プレスク・リヤン賞2017の応募方法をお伝えしました。

 

日本支局ではリュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)twitterリュック・フェラーリやプレスク・リヤン賞に関する情報を随時発信しています。

みなさまのご応募を、心よりお待ちしております。