読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

2014年1月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州)

プレスク・リヤン賞 月報 2014 news

 

全国2万5千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、謹んで新年の寿を申し上げます。

 

皆様にとって本年がより一層の暖かい喜びと幸せに満ちた一年になりますよう、心からお祈り申し上げます。

 

プレスク・リヤン協会日本支局開設準備室では、本年も皆様にリュック・フェラーリの音楽や芸術を楽しんでいただけるように、さまざまな情報をお届けしていきます。どうかよろしくお願いいたします。

 

それでは今日もフランスのプレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)本部から届いた情報をもとに、2014年1月に欧州で行われるリュック・フェラーリ関連イベントを紹介していきます。

今月は29日にケルンでブリュンヒルドフェラーリ女史によるフェラーリ作品の講義があります。演奏も予定されているようですが、一応講義がメインになっているとのことです。

 

また、もう間もなくですが、1月10日の夜11時(現地時間)からラジオ・フランス(France Culture)の”L'ATELIER DU SON”(DJ:Thomas Baumgartner)という番組で、プレスク・リヤン賞2013が特集放送される予定です。

おそらくこちらはポッドキャスト化されて、放送が終わった後もしばらくの間お楽しみいただけると思いますので、お時間の調整のつかない方はぜひともポッドキャストでお楽しみください。

リンクは下の青字からどうぞ。

 

 

2014

January 10 

11:00 p.m.

 

L'ATELIER DU SONby Thomas Baumgartner– Broadcast FranceCulture

Brunhild Ferrari, accompanied by one of the winners, James Andean, presents the Prize " Presque Rien " she created. This prize is awarded to the author of a composition, drawing and using sounds from analog archives Luc Ferrari. A collection of sound files was provided that could be streamed on the site

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

2014

January 29 

20:00

 

Cologne, Allemagne

Cologne University

Institut for Musicology - Klangstudio

Albertus-Magnus-Platz - 50923 Köln 

Tel.: 0221/470 2186

lecture Brunhild Ferrari: one of the aspects of Luc Ferrari’s work

 

 

 

 

なお、このイベント情報はプレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)本部

のホームページ LUC FERRARI でも確認していただけます 

本部ホームページではスケジュールが日本語で読めるだけではなく、リュック・フェラーリに関するさまざまなリンクや情報、試聴などもありますので、ぜひ覗いてみてください。

 

また、ここに掲載されているものは仏プレスク・リヤン協会に連絡があったイベント等を掲載しており、実際にはこれ以外にも、欧米各地でリュック・フェラーリの演奏イベントなどがある様子です。

 

「プレスク・リヤン協会日本支局開設準備室」が立ち上げられてからおよそ一年が過ぎました。

昨年は「プレスク・リヤン賞2013」の開催や「センチメンタル・テールズ」の発売など、フェラーリ芸術を巡ってかなり動きのある一年でした。

今年も既に日本やヨーロッパでの水面下では様々な企画が動き始めています。皆様によりよい形でお伝えできるように今後も取り組んでいきますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

【関連過去記事】

 

2013年12月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州ならびに日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2013年11月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2013年10月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プ レスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2013年9月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

8月のリュック・フェラーリイベント(欧州)のお知らせです - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2013年6月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2013年5月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)