読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

2013年11月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州)

月報 2013 news

 

 

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。

 

いよいよ芸術の秋がやってきましたね。

現在のはてなブログリュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』」(簡易日本語版)の前身となるブログが「はてなダイアリー」上で始まったのは昨年の10月20日のことでした。

 

ラジオ・ドラマ1 - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

この一年の間にCD3作品と2枚のLPレコードがたて続けにリリースされました。(関連作品は除く)

 

f:id:presquerien:20121219233709p:plain

 

CD3作品と一口にいっても2枚組とCD&DVDと4枚組、

 

 

f:id:presquerien:20130605230758j:plain

(レアな赤盤。でも日本ではまだ買える様子)

 

 

しかもレコードもある訳で、今年リュック・フェラーリ作品に出会った方は新作ラッシュのような気分を味わっておられたことだと思います。

 

 

 

f:id:presquerien:20130115035655p:plain

 1枚置くだけでも、レコード棚に艶も箔も出ますね。

 

 

f:id:presquerien:20130706004814j:plain

 

またプレスク・リヤン協会に入会していただいた方にはさらに加えて特典CD「Femme descendant l'escalier (階段を降りる女性)」がありますので、都合5作品がこの一年の間に出版されたことになります(関連作品は除く)。

 

この秋、プレスク・リヤン協会日本支局開設準備室では「特集;センチメンタル・テールズ」として先日リリースされたブリュンヒルドリュック・フェラーリによる4枚組CDボックス「Contes Sentimentaux」を大プッシュしています。

 

f:id:presquerien:20130630023349j:plain

 

「センチメンタル・テールズ」に寄せて(1) (特集:センチメンタル・テールズ) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

また11月は「秋の大感謝祭」としまして、プレスク・リヤン協会の年間会員に向け、ミラノのCDショップsoundomからいただいたCDを1名様にプレゼントしています。(年間会員の方にはメールマガジンでもお知らせします)この企画では11月中に入会いただいた会員の方も申し込んでいただけます。

 

f:id:presquerien:20130304233402j:plain

 

「プレスク・リヤン協会」(Association Presque Rien)案内 - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

f:id:presquerien:20130212120235j:plain

特典CD「階段を降りる女性」

 

リュック・フェラーリの未公刊作品『階段を降りる女性』(『プレスク・リヤン協会』入会特典CD) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

また10月のクイズでは残念ながら完全な正解者は出ませんでしたので、このプレゼントCDは持ち越しとなります。次回また難し~いクイズを制作予定ですので、「私が日本で一番リュック・フェラーリに詳しい!」という方はぜひ今後にご期待ください。

 

それでは今月の欧州でのリュック・フェラーリの関連イベントを掲載しておきますね。

なお、このイベント情報はプレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)本部のホームページ LUC FERRARI のニュースページからですと日本語で確認していただけます。またそれ以外にも様々なコンテンツを用意しておりますので、ぜひ一度本部ホームページをご覧いただきたいと思います。

 

なお、ここに掲載されているものは仏プレスク・リヤン協会に連絡があったイベント等を掲載しており、実際にはこれ以外にも、各地でリュック・フェラーリの演奏イベントなどがある様子です。

 

 

 

Nov. 8 University of Cologne - Germany

8 :00 p.m. Institut for musicology - Klangstudio

Albertus-Magnus-Platz - 50923 Cologne 

 

- Les Anecdotiques - 2001 to 2002 – 54’

performed by Brunhild Ferrari

 

- Luc Ferrari Facing His Tautology – Two Days Before The End

Film directed by Guy-Marc Hinant and Dominique Lohlé - 52’50” -

French version, English subtitles, shot during the rehearsal of 

Tautologos III. "which is the last one in this beginning of July 2005"

Film by Guy Marc Hinant and Dominique Lohlé

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

Nov. 29 ZKM, Karlsruhe - Allemagne 

7 :00 p.m. Lorenzstraße 19 - 76135 Karlsruhe - Tel. ++49(0)721-8100 

Piano+ Festival

 

- Und so weiter for piano and tape - 1965-1966 

 

performed by  par Rei Nakamura

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

Nov. 21 Paris CRR de Paris  http://crr.paris.fr/Musique.html 

9 :30 to Composition class. Within the  « Contemporary workshop »

12 :30 a.m. Lecture by Brunhild Ferrari about Luc Ferrari’ work

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

Nov. 29 

 

19:00

 

Karlsruhe - Germany 

ZKM, Lorenzstraße 19 - 76135 Karlsruhe - Tel. ++49(0)721-8100 – 

e-mail: infozkm.de

Piano+ Festival

 

- UND SO WEITER - for piano and tape - 1965-1966 ( 18')

 

performed by  par Rei Nakamura

 

 

 

 

 

また何か新しい情報が入ればその都度ご紹介させていただければと思います。

 

【参考過去記事】

 

 

2013年10月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2013年9月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

8月のリュック・フェラーリイベント(欧州)のお知らせです - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2013年6月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2013年5月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)