読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

【速報!】プレスク・リヤン賞2015が決定!日本からの作曲家梅沢英樹さんの作品が受賞!

プレスク・リヤン賞 prix 2015

 

フランスの現代音楽作曲家リュック・フェラーリの録音アーカイブスを使用して創作された芸術作品で競われる国際コンクール『プレスク・リヤン賞2015』の審査が先日パリ11区にあるプレスク・リヤン協会本部で6人の審査員によって行われ、梅沢英樹さんの” Le Néant ”が日本人として初となるプレスク・リヤン賞2015を受賞しました!

f:id:presquerien:20150501184649j:plain

 

今回のプレスク・リヤン賞2015も前回同様ヨーロッパを中心にロシア、ブラジル等世界各地からさまざまな形式の応募作品が集まり、日本からも多くの方が意欲的な作品を出品されていました。

 

前回のプレスク・リヤン賞2013では日本から佐藤亜矢子さんの"small stroll"が3位に選出されており、最終選考にも多数の日本人作曲家やアーティストが残りましたが、今回プレスク・リヤン賞2015を梅沢さんが獲得されたことで、日本からの芸術作品がまたひとつ世界に認められたということになります。

 

梅沢さんには賞金2000ユーロが贈呈されます。

 

 

ではここでプレスク・リヤン協会からの公式発表を一部転載します。

 

Prix Presque Rien 2015

Hideki Umezawa 

Pour sa composition

 ” Le Néant ”

 

Deux Mentions Spéciales ont été attribuées à

 

Lisandro Barbato

pour " To bee or not to bee "

et

Johannes S. Sistermanns

pour " Passage_vertical_Paysage "

 

次席にはLisandro Barbatoさん(スイス)の " To bee or not to bee "、そしてJohannes Sistermannsさん(ドイツ)の "Passage_vertical_Paysage "が選ばれています。

 

また今回の審査員注目作などは今後プレスク・リヤン協会本部のウェブサイトに掲示される他、当ブログでもお伝えしていく予定です。

 

(なお今回の応募者にはプレスク・リヤン協会日本支局よりアンケートを送付しています。ぜひともご協力をお願いいたします)

 

 

とりあえず速報でした。

 

また今後のコンサートなどの情報は当ブログならびにプレスク・リヤン協会日本支局の公式Twitter、そしてプレスク・リヤン協会本部ウェブサイトにて発信されます。

 

 

これまでのプレスク・リヤン賞(コンサート等や講評含む)についてはこのカテゴリーをご覧ください。

 

プレスク・リヤン賞 カテゴリーの記事一覧 - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)