読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

2014年10月のリュック・フェラーリ関連イベント(日本および欧州)

 

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。

 

いよいよ10月。

毎月初めにはプレスク・リヤン協会から、その月のイベント情報をお知らせしています。

 

 

明日2日は武蔵野美術大学で16時半よりプレスク・リヤン賞2013のコンサートが開かれます。

プレスク・リヤン賞2013を授賞したブライアン・ジェイコブス”Le La en Le”を初めとし、最終選考を突破した日本人作曲家の作品がアクースモニウムで演奏されます。

また小沼純一、椎名亮輔、檜垣智也の各氏を交えた鼎談も楽しみです。

【速報!】『プレスク・リヤン賞2013』コンサートが、東京でも開催! - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

そして17日から東京・神戸、そして京都で2回に分けて、ブリュンヒルドフェラーリ夫人を迎えての大きなイベントが開催されます。

 

 

f:id:presquerien:20141001173657p:plain

 

20日には神戸・塩屋の旧グッゲンハイム邸で昨年11年ぶりの来日を果たしたクリストフ・ヒーマン、そしてさらに26日に開催される六本木スーパーデラックスでは2人に加えて、オープニングにジョン・ゾーンらと共にニューヨークの音楽シーンをひた走るイ・オッキョン、そしてリュック・フェラーリを敬愛し、また最近では映画「私の男」(熊切和嘉監督)の音楽も手がけるなど、ますます円熟味を増しつつあるジム・オルークスペシャルゲストに迎えたスペシャルなコンサートが開催されます!

 

10月20日の旧グッゲンハイム邸の予約はこちら

10/20 (月) HEEMANN FERRARI LIVE 2014 « 旧グッゲンハイム邸

 

10月26日のスーパーデラックスの予約はこちら

Heeman - Ferrari - O'Rourke 2014 - SuperDeluxe

 

また21日と28日には同志社大学でこれまで紹介されてこなかった、リュック・フェラーリ監督による「少女たち」、さらにフランスの農村地帯の現実をありのままに描いた二部作「ほとんど何もない、あるいは生きる欲望」、そしてフランス国営放送の協力によって撮影されながらもお蔵入りになったまま所在不明だった「スポンタネ4」が、ブリュンヒルド夫人のトークとともに特別上映されます。(武蔵野美術大学では17日に「少女たち」と「スポンタネ4」が同じくブリュンヒルド夫人を迎えて特別上映されます)

どれもが大変貴重な上映となります!お見逃しなく!

 

同志社大学での上映ページ

課外プログラム(クローバーシアター)「監督 リュック・フェラーリ ~ 作曲家が『それ』を撮影するとき~」

 

武蔵野美術大学での公式Facebookページ(閲覧はアカウント不要です)

http://on.fb.me/1yqiIV6   

 

 

イベントの詳細はこちらをご覧ください。

ブリュンヒルド・フェラーリ、本年10月来日決定! - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

また、今回ブックマーク用のお知らせページもございます。

必携!リュック・フェラーリ関連イベントまとめ(2014秋版) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

 

チラシのPDFリンクはこちらになります。

上映作品の簡単な解説やプロフィールなども詳しく紹介されている、ちょっといいチラシです。

 

詳しくごらんになりたい方やチラシが手に入らなかった方はぜひこちらからダウンロードしてください。

 

http://bit.ly/1tgj4pg(表)

 

http://bit.ly/1v3O3qI(裏)

 

 

 

10月の日本でのイベントに加え、フランスでもバランシエンヌモンペリエでコンサートが開催されます。

 

詳細はプレスク・リヤン協会フランス本部のホームページ

LUC FERRARI

からご覧ください。

 

(日本語説明もございます)

 

 

 

 

 

2014 

Oct. 2

 

 

 

16:30

Tokyo, Japan

Musashino Art University (Musabi)

>> www.musabi.ac.jp/ 

[12-VideoAtelier] (building 12, room VideoAtelier)

 

Concert played by Tomonari Higaki

with participants of PRESQUE RIEN Prize 2013

Opening and intermission: 

Ryohei Morifuji called Conki Karma issues 5’21

 

Ayako Satosmall stroll 4’10

Yuka NagamatsuFoot steps8’00

Takashi MiyamotoBone and Cry7’15

James AndeanDéchirure  7 :35

Luc FerrariEchantillon pour Mime3’36

Bryan Jacobs  Le La en Le 9’01

Junpei Onoderacircuit lf anecdote of Asohgi 5’38Masashi Isai oto no tegami8’03

Luc Ferrari1958.Étude aux sons tendus 2’48

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

2014

Oct. 8

 

 

 

 

From 22:00

Valenciennes, France

le Phénix, national scene 

Evening followed by a show from Benjamin Dupé and including several 

sets in different places

including :

 

Tautologos III

 

by the Art Zoyd ensemble<artzoyd@wanadoo.fr>

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

 

2014

Oct. 11

 

Montpellier, France

Festival Sonorités

 

Chantal 

de Luc & Brunhild Ferrari

 

by Carole Rieussec

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

2014

Oct. 17

 

 

 

18:00

 

 

Tokyo, Japan

Musashino Art University (Musabi)

>> www.musabi.ac.jp/ 

[1-103] (Building 1, Room 103)

 

Talk Ryosuke Shiina & Brunhild Ferrari

and screening of films subtitled in Japanese

 

• Société III (1967) from Luc Ferrari

 

Spontané IV (1962)Improvisations on orchestral scheme from Luc Ferrari filmed by Gérard Patris

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

2014

Oct. 20

 

 

 

19:30

Kobe, Japan

Guggenheim House

3—17, shioya-cho, Tarumi-ku, Kobe

>> 旧グッゲンハイム邸 | 神戸市塩屋の洋館

 

• Screening of Spontané IV (1962)Improvisations on orchestral scheme from Luc Ferrari filmed by Gérard Patris

 

• Stürmische Ruhe – electroacoustic

from Brunhild Ferrari & Christoph Heemann

New Work

 

• perception and association  (2012/2013) 21’ from Christoph Heemann

for tape, electronic and natural sounds

 

• Extérieur Jour (2014) 10'17 

from Brunhild Ferrari

 

• Le piano englouti | the engulfed piano (2012) 17’50 

de Brunhild Ferrari

with improvisation by Christoph Heemann

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

2014

Oct. 21

 

 

19:00

Kyoto, Japan

Doshisha University 

>> www.doshisha.ac.jp/kambaikan/

 

• Talk Ryosuke Shiina & Brunhild Ferrari

and screening of films subtitled in Japanese

 

• Les Jeunes Filles (1967) from Luc Ferrari

 

Spontané IV (1962)Improvisations on orchestral scheme from Luc Ferrari filmed by Gérard Patris

 

:

 

2014

Oct. 26

 

Tokyo, Japan

SuperDeluxe

3-1-25 B1F, Nishiazabu, Minato, Tokyo 106-0031, Japon
+81 3-5412-0515

>> https://www.super-deluxe.com

 

Okkyung Lee - Violoncello performance

 

• Screening of Spontané IV (1962)Improvisations on orchestral scheme from Luc Ferrari filmed by Gérard Patris

 

• Stürmische Ruhe (2011-2014) – electroacoustic. 29’

from Brunhild Ferrari & Christoph Heemann

 

• perception and association  (2012/2013) 21’  from Christoph Heemann

for tape, electronic and natural sounds

 

• Extérieur Jour (2014) 10'17 

from Brunhild Ferrari

 

• Le piano englouti | the engulfed piano (2012) 17’50 

from Brunhild Ferrari

with improvisation by Jim O’Rourke & Christoph Heemann

 

 

 

Kyoto, Japan

Doshisha University 

>> www.doshisha.ac.jp/kambaikan/

 

Screening of

•  Presque Rien ou le Désir de Vivre (1972-1973) from Luc Ferrari 

Almost Nothing or the Desire to Live 

First part : Le Causse Méjean. (55').

« How live thre peasants in a poor region : French peasants are interviewed by a couple of Gremans.

This film, very slow, not only criticizes itself, but leaves viewers the dangerous freedom to criticize.” - Original bilingual French-German 

Japanese Sub_Titles

 

• short talk Ryosuke Shiina and Brunhild Ferrari

 

Presque Rien ou le Désir de Vivre (1972-1973)   

Almost Nothing or the Desire to Live

Second part : Le Plateau du Larzac. (52').

"How peasants fighting to keep their right to live and work the land that the military will take as the training ground.
This film is a document that shows an example of struggle of a minority. "  - Original bilingual French-German 

Japanese Sub_Titles

 

 

みなさまのご来場をお待ちしております。

 

 

【関連過去記事】

2014年9月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州および日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2014年8月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州および日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

2014年7月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州および日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

2014年7月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州および日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2014年6月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州および日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2014年5月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州および日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2014年4月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2014年3月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州&日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 2014年2月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

2014年1月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)