読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

リュック・フェラーリの「棚からひとつぼし」

ダンボールからひとつぼし テーマ記事

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。

 

プレスク・リヤン協会の仕事のひとつに、リュック・フェラーリの遺した音源や楽譜、それに関する膨大メモなどのアーカイブの整理がありますが、またそれとは別に、彼が個人的に収集していた資料などのアーカイブ化も重要な仕事のひとつです。

 

 

先日、パリの資料庫から、彼の所蔵していたレコードの一部が発見され、アーカイブ化の作業に入っているというニュースが入ってきました。

 

このアーカイブ化プロジェクトは名称も決まっていて(「段ボール箱から救われたアーカイブス」”Les Archives Sauvées des Boîte en Carton Ondulé”)として現在進行中のようです。

 

忙しいパリのプレスク・リヤン協会本部に無理を言って虫干し(フランスもするはず……だよなぁ)も終わらぬ先から、いくつかの写真資料を送っていただきました。

 

そこで今月より月に1回程度のペースで、「リュック・フェラーリの棚からひとつぼし」として、このキラ星のような資料を日本でも1枚ずつ紹介していきたいと思います。(この名称の元ネタはもちろん、TOKYO FM山下達郎さんの『サンデーソングブック』の名物コーナーである「棚からひとつかみ」です)

リュック・フェラーリがどんなレコードを聴いていたのか、ドキドキしますね。

 

 

記念すべき第一回目にご紹介するレコードは、夏むけのこの1枚。

f:id:presquerien:20140705203743p:plain

 

Lolo Lolitta &Tchicoの”Le Retour Des Évades De Ponton La Belle”です。

Tchico Tchicaya | Biography | AllMusic

裏書きによれば、1982年に46フランスフラン(当時)で購入しているようです。

 

(今回このレコードの発売日を調べたのですが、ちょっとわかりませんでした)

f:id:presquerien:20140705204211p:plain

 

A面B面2曲ずつ入った、かなりファンキーで楽しめるLPのようです。

これをレコード屋さんで選んで買っているフェラーリ夫妻を想像すると、なんかとっても楽しい気分になってきます。

彼がアフリカ音楽のルーツからこのレコードをみつけたのか、単なる好奇心でこれを見つけたのか、はたまた別の何かなのかは分かりませんが、皆様はどう思われますか?

 

調べているうちにこのTchico Tchikayaの音楽をみつけたので、リンクを貼っておきましょう。(このアルバムに収録されている曲ではないかも知れません)

▶ Tchico Tchicaya - Congo - Champeta africana - YouTube

 

このレコードに興味を持たれた方はこちらが参考になるかもしれません。

Lolo Lolitta & Tchico* - Le Retour Des Évades De Ponton La Belle (Vinyl, LP) at Discogs

 

 

このプロジェクト『段ボール箱から救われたアーカイブス』”Les Archives Sauvées des Boîte en Carton Ondulé”はパリのプレスク・リヤン協会本部により行われています。

 

プレスク・リヤン協会ではみなさまの暖かいご支援をお待ちしております。

詳しくはこちらのリンクをご参照ください。

 

「プレスク・リヤン協会」(Association Presque Rien)案内 - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

「プレスク・リヤン協会への入会も更新も、とても簡単に!」 - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)