読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

TAUTOLOGOS Ⅲが発売されますよ!

 

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。

 

今日はフランスのユニットGOL(ゴル)とBrunhild Ferrariブリュンヒルドフェラーリの共演によるリュック・フェラーリ作曲の” TAUTOLOGOS Ⅲ ”が発売されたというニュースをお伝えしていきます。

 

f:id:presquerien:20140527155615j:plain

 

発売元となっているのは毎度おなじみのMetamkineですが、サイトでは5月27日現在、品切れになっているようです。

(なお、「このCDをどうしても手に入れたい!」という方はぜひ最後までお読み下さい)

f:id:presquerien:20140527155706j:plain

 

GOLはRavi Shardja( Xavier Roux ),Jean-Marcel Busson,Frédéric Rebotier,Samon Takahashiによるユニットです。

最新作” TAUTOLOGOS Ⅲ ”を入れて、現在までに11作品をリリースしており、このブログでも以前ブリュンヒルドフェラーリと共演した“Exercies D'improvisation"(ジャケットデザイン:Jacque Brissot)を紹介しました。

 

f:id:presquerien:20130520172949j:plain

 

 

この” TAUTOLOGOS Ⅲ ”のオリジナル作品はリュック・フェラーリ1969年の作品で、「あるいは私と同語反復するのはいかがですか?」というお茶目な副題がついています。

 

当時発売のレコードはこんな感じ。

f:id:presquerien:20140527213205p:plain

 

またCD化もされていますが、これらは今回の作品とはまったく違うものです。

 

f:id:presquerien:20140527213231p:plain

このジャケットを見た方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

DiskUnionさんの説明では「ジム・オルークの熱いラブ・コールによってCD化されました」となっていますね。ありがとうございます!

diskunion: LUC FERRARI / リュック・フェラーリ / INTERRUPTEUR / TAUTOLOGOS 3

 

(一部が試聴できます)

Interrupteur/Tautologos 3 - Luc Ferrari | Songs, Reviews, Credits, Awards | AllMusic

 

今回の即興作品はこのオリジナルの” TAUTOLOGOS Ⅲ ”から一部をカットアップし、それぞれが厳密に決められたタイムテーブルに沿って即興演奏を重ね合わせていくというなかなか面白い作品になっています。

 

f:id:presquerien:20140527155633j:plain

 

この曲に関してGOLのSamon Takahashi氏は「この曲の演奏に際して、強烈な緊張感の中で、静謐な部分をより鋭く磨き込むためには、いかに即興部分を構成するかということが問題になってくる」と言っていたということです。

原曲の音に寄り添い、離れ、また出会っていくという、動と静との一連の所作の構成やそれぞれの解釈に注意しながら聴いてみると、確かに氏の言わんとしていることが分かってくるような気がします。

 

オリジナルの作品を一度聴いておけば、そもそものリュック・フェラーリの原曲がいかに緻密に構成されているかということと、またGOLがどれだけこの作品に対して意欲的に挑戦していってるのかがとってもよくわかっていただけると思います。

 

(プレスク・リヤン協会日本支局開設準備室ではプレスク・リヤン協会日本支局年間会員に向け、このCDを優待価格で頒布させていただけることになる模様です。詳細に関しましては近日中に会員の方にお送りするニュースメールでお伝えします。お楽しみに!)

 

【関連過去記事】

2014年5月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州および日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

Zicamontreuil (モントルイユ図書館) でのリュック・フェラーリの紹介 - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

「プレスク・リヤン協会」(Association Presque Rien)案内 - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

リュック・フェラーリの未公刊作品『階段を降りる女性』(『プレスク・リヤン協会』入会特典CD) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)