読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

2014年5月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州および日本)

 

全国2万5千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。

 

 

フランスでは春のバカンスも終わり、ますます緑も濃くなってきたようです。

 

日本では大型連休真っ最中ですが、大型連休に合わせて働いてらっしゃる方も大勢いらっしゃるかと思います。

さて、毎月冒頭はフランスのプレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)本部から届いた情報をもとに、欧州で行われるリュック・フェラーリ関連イベントを紹介しています。

 

 

今月もプレスク・リヤン協会本部のホームページLUC FERRARIからの情報を参考にしてご紹介していきますが、日本では今月5日と6日、プレスク・リヤン協会の書記方もつとめていただいており、またリュック・フェラーリのドキュメンタリー映画”Presque Rien avec Luc Ferrari”でも知られるジャクリーヌ・コー監督の最新作「Man From Tomorrow」が東京と京都でワールドプレミア上映されます。

 

f:id:presquerien:20140130231608p:plain

 

今回は特にコー監督と、テクノ界の重鎮ジェフ・ミルズ氏が共に来日してのトークショー(通訳つき)もあるということで、5日の東京ユーロスペース2では既に21時の回は売り切れ、追加上映が組まれています。

 

また京都では6日に同志社大学寒梅館クローバーホールで上映されます。

京都でのジャクリーヌ・コー監督のパリっ子トークを通訳いただくのはおなじみ椎名亮輔さんです。

 

 

お時間のある方はぜひご来場ください。

なお、ジャクリーヌ・コー監督とジェフ・ミルズ氏の来日スケジュールをまとめた参考リンクはこちらからどうぞ。

ジャクリーヌ・コー監督がジェフ・ミルズ、最新映画と共に来日! - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

続いてヨーロッパでのプレスク・リヤン協会およびリュック・フェラーリ作品の上演ですが、今月は4日と22日にイタリアのボローニャで、また9日には南仏マルセイユでコンサートが開催される模様です。

 

さらに特筆しておきたいのがつい先日発売された、GOLとブリュンヒルドフェラーリによる新作『TAUTOLOGOS III』とデヴィッド・グラブスによる書籍”RECORDS RUIN THE LANDSCAPE”です。

 

 

これらについては、またあらためて紹介することにしますね。

 

2014

May 4

 

 

Bologna, Italy

Teatro Comunale

By the orchestra of CNSMD students of Lyon and the Conservatory of Bologna

Direction Fabrice Pierre

 

- Morbido Symphonie (2005) for 15 instruments and memorized sound

 

Italian premiere

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

2014

May 9

12:30 a.m.

 

Marseille, France

Festival LES MUSIQUES - Midissonant Nr 1

https://www.infoconcert.com/ticket/concert-michel-maurer-marseille/781719.html

Musicatreize Hall – Marseille (13006) - 53 rue de Grignan

 

- Collection de Petites Pièces pour piano et bande

 

Michel MAURER, piano

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

2014

14 mai

18 :30

 

Poitiers, France

TAP - Théâtre Auditorium 6 rue de la Marne
T +33 (0)5 49 39 29 29

http://www.tap-poitiers.com/mediation/atelier-decoute-0684

 

Atelier d’écoute de l’œuvre de Luc Ferrari

Avec Brunhild Ferrari et Sandrine Piq d’Ars Nova

La musique du compositeur Luc Ferrari a ouvert tout un monde sonore jusqu'alors 

jamais visité. Il fait partie des grands compositeurs qui ont marqué la musique de 

la seconde moitié du 20e siècle. Nous vous invitons à plonger dans l'oeuvre de 

Luc Ferrari, un voyage sonique guidé par Brunhild Ferrari et Sandrine Piq.

 

 

 

2014

15 mai

20:30

 

Poitiers, France

TAP - Théâtre Auditorium 6 rue de la Marne
T +33 (0)5 49 39 29 29

http://www.tap-poitiers.com/mediation/atelier-decoute-0684

Paysages Augmentés

 

Afin de rester fidèle à l’idée d’origine de ce concert, je lirai des extraits des 

autobiographies de Luc Ferrari  mélangés à des sons enregistrés par lui et 

mis à la disposition de tous ceux qui souhaitaient concourir pour le 

prix « Presque rien » 2013.

C’est une manière de rendre hommage à ce compositeur disparu il y a presque 

dix ans et qui continue à inspirer la jeune génération par son inventivité intemporelle.

Nous écouterons entre autre des extraits de, « Le La en Le » de Bryan Jacobs,  

« Déchirure »  de James Andean,  « Small stroll » de  Ayako Sato. 

Ces interventions encadreront les pièces de David Hudry et Georgia Spiropoulos, 

écrites pour l’ensemble Ars Nova.

 

 

2014

May 22

21:30

Bologna, Italie

Centro di Ricerca Musicale / Teatro San Leonardo -

DEDALUS ENSEMBLE (Francia, Italia)

http://www.cnsmd-lyon.fr/wp-content/uploads/2013/11/CP-Berio.pdf

 

-       - Exercises d'Improvisation (1977); Individual or collective Improvisation

 

-       for any instrument or group of instruments (maximum 8) and tape.

 

-        

 

-       Italian premiere

 

-        

 

-       Amélie Berson flute; Thierry Madiot trombone; Deborah Walker violoncello;  

 

-       Silvia Tarozzi violine; Didier Aschour electric guitar, acoustic guitar.

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

Disc releases 2013 to may 2014

 

 

 

LUC FERRARI

Re-issue on vinyl disc of pieces by Luc Ferrari included in the Double CD-box « « Luc + Brunhild Ferrari » under the label Sub Rosa.

 

- Musique Socialiste, ou Programme Commun pour Clavecin et Bande Magnétique   - (1972)

Harpsicord : Elisabeth Chojnacka

 

- Les Emois d’Aphrodite – (1986) Version 1998

for clarinet, piano, percussion, 2 samplers, memorized sound

by the ensemble MC BAND,  dir. Mary Chun, San Francisco

 

2 versions of the same disc, one on red, one on black vinyl!

Another Sub Rosa Production SRV 354- 2013

www.subrosa.net

 

 

 

Coffret CD & DVD Symphonie Dechirée

 

CD - Symphonie Dechirée

 

By the ensemble Ars Nova, Dir. Philippe Nahon.

 

DVD - The rehearsal of this piece was filmed by Jacqueline Caux

presentation and talk about Luc Ferrari by Catherine Peillon and Huseyin Ozeren

production Empreinte Digitale / Ars Nova / La Muse en Circuit

Empreinte digitale  EDVD 733 – 2013

www.empreintedigitale-label.fr

 

This box got 4 forks in the journal "Diapason" of September 2013

 

 

 

CONTES SENTIMENTAUX (Sentimental Tales) from Nr. 1 to 11 by Brunhild and Luc Ferrari – coproduction : Shiiin & >> SWR2.

4 CD-set. 

www.shiiin.com

www.metamkine.com

 

 

- TAUTOLOGOS III de Luc Ferrari

- HAVRESAC improvisation

par GOL et Brunhild Ferrari

Jean-Marcel Busson, Brunhild Ferrari, Frédéric Rebotier, Ravi Shardja

Collection PiedNu – PN0114

www.metamkine.com

 

 

Bibliography

 

Luc Ferrari in RECORDS RUIN THE LANDSCAPE 

By David Grubbs. John Cage, the Sixties, and Sound Recordings.

Pages 14, 47, 54, 57, 60-65 , 180nn49-50, 186n80

Duke University Press / www.dukeupress.edu

 

 

 

本部のホームページは随時更新される他、英語や日本語での情報紹介ページもございます。また2年に一度開催されるリュック・フェラーリのサウンド・アーカイブを使った国際コンクール「プレスク・リヤン賞2013」の受賞作や優秀作の試聴などもできますので、お時間のある時にでもぜひぜひ覗いてみてください。

 

 

 

また今後新しい情報が入り次第お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

続いてプレスク・リヤン協会日本支局開設準備室からお知らせです。

 

プレスク・リヤン協会日本支局開設準備室では、当ブログおよびツイッター上において、プレスク・リヤン協会の年間会員の方からお知らせいただいた情報を基に、当ブログやツイッターをご愛読していただいている皆様向けのアートイベントなどを紹介する【準備室レコメンド】というコーナーを始めています。

お問い合わせはお気軽に開設準備室のアドレスまでどうぞ。

 

【関連過去記事】

2014年4月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

2014年3月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州&日本) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 2014年2月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

 

2014年1月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)