読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

新企画「リュック・フェラーリ地帯」(第一回:parislike)

フェラーリ地帯(ライン) テーマ記事 Luc Ferrari 関連人物

 

全国2万5千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。

 

今回からリュック・フェラーリの周縁をゆったり巡っていく新企画、『リュック・フェラーリ地帯』をたまにお送りします。

 

第1回目の今回はパリのWebマガジン”Parislike”誌をご紹介します。

当「リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』」のリンク先にもあるのですが、もう一度改めてご紹介しますね。

 

f:id:presquerien:20130425201629p:plain

  ParisLike__présentation←ここから

 

このサイトを運営しておられるのはプレスク・リヤン協会の副会長を務めておられるAlessandro Mercuri氏です。

リュック・フェラーリと彼が初めて出会ったのはリュック・フェラーリの全米ツアーの時で、それに付随した大学での講演の際、当時留学中であった彼がその通訳を勤められたのが縁となったとのことです。

 

やがてMercuri氏もパリに戻り、様々な仕事をされながらこのブログを運営しておられます。

 

今日は残念ながらparislikeのパンチの効いたさまざまなコンテンツのすべてを紹介できないのですが、特にリュック・フェラーリファンに向けて、2つのコンテンツを紹介させていただきたいと思います。

まずはMichel Maurer氏の素晴らしい演奏による、リュック・フェラーリ作品の演奏です。

 

f:id:presquerien:20130425201857p:plain

 

ParisLike n°02__Michel Maurer / Luc Ferrari__36 enfilades__vidéo

 

またeRikm氏のDJプレイも絶対必見のコンテンツです。

当然ながら、eRikm氏についてはまた機会をあらためて、しっかり紹介させていただかないといけないと思っています。

 

f:id:presquerien:20130130133649p:plain

 

 

ParisLike n°02__eRikm__musicien, plasticien

 

Mercuri氏は現在、間もなく出版されるであろうマルキ・ド・サドに関する著書の準備にお忙しいということですが、また本の出版の際にはこのブログで紹介できると思います。

 

それでは今日はこの辺で。

 

次回の「リュック・フェラーリ地帯」をお楽しみに!