読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

Instants Chaviresでの演奏会

f:id:presquerien:20130325150812j:plain

 

全国2万5千人のリュック・フェラーリ・ファンのみなさまこんばんは。

今日は遅ればせながら、去る2月27日にパリ郊外の音響系ライブハウスのメッカ、" Instants Chavires" で行われた小さなコンサートの模様についてお伝えしたいと思います。

 

" Instants Chavires"へのリンクはこちら

www.instantschavires.com

 

f:id:presquerien:20130228031722j:plain

 

 

メトロ9番線のPte. de Montreuil, Robespieer駅が最寄り駅になります。

 

前回の instants chavires の記事は、アーティストのériKm等によるコンサートの内容でしたが、今回はモントルイユを素材とした学生たちによる初めての創作発表会で、そこに参考作品として、リュック・フェラーリの『ほとんど何もない(第2番)』が演奏されました。

 

f:id:presquerien:20130228035033j:plain

 

場内では終演後、学生達を前にして非常に活発な討論が行われました。

 

続いてリュック・フェラーリの作品が演奏され、しばしの休憩を挟んだ後に、今回の公演を企画したGuillaume Loizillon氏による自作の演奏が行われました。

 

学生達の中にはプレスク・リヤン賞を狙っている人もいるようで、終演後にも話が盛り上がっていました。

 

Instants Chaviresは有名人によるコンサートだけではなく、このように次世代を担うアーティスト達も積極的に応援しているそうです。

 

 

(写真にご協力いただいたinstants chaviresの Thierry Schaeffer氏に御礼申し上げます)

 

  

 

【関連過去記事】

モントルイユのinstants chaviresで行われたコンサートの報告です - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

 

プレスク・リヤン賞【1】(2月23日追記あり) - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)