読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

タワーレコードに急げ(Intoxicate)

全国2万5千人超のリュック・フェラーリ、ファンの方、こんばんは。

今日は既にご存知の方も多いとは思うのですが、遅ればせながら、タワーレコードで配布されている隔月刊無料マガジン『intoxicate』(イントキシケート)の今回号(102号)にリュック・フェラーリブリュンヒルドフェラーリによる『Programme Commun』(共同プログラム)のレビューが紹介されていますので、こちらでもまたあらためて紹介しておきたいと思います。

『Programme Commun』の裏の(?)意味にも迫るステキな紹介です。

f:id:presquerien:20121219233709p:plain

現代音楽界のジョン・カサヴェテスジーナ・ローランズ

 

 

 

表紙はジャック・オディアール監督の映画『君と歩く世界』De rouille et d'osです。この写真を目印にして探していただければいいかと思います(クラシックコーナーでないと置いていない場合があるようです)

 

 

f:id:presquerien:20130317205541p:plain

 

『Programme Commun』の紹介は80ページに載っています。筆者は椎名亮輔さん。ジョスリン・ブークと一緒のページに紹介されています。

 

f:id:presquerien:20130317205907p:plain

 

 

今月号の内容は他にもロック漫筆家、安田謙一さんの『なんとかとなんとかのいたなんとかズ』のレビューや、追悼大島渚など、充実した内容です。もちろんwebでも読めるのですが、やはりここは手にとってごらんいただくのがいいと思います(ついでにお店でリュック・フェラーリ作品も手に取っていただけると幸いです)。

 

intoxicate』は全国のタワーレコードで入手できるようですが、配布済みの場合などはご容赦ください。

 

 

店舗一覧 - TOWER RECORDS ONLINE

 

Luc Ferrari, Brunhild Ferrari『Programme Commun』 - TOWER RECORDS ONLINE

 

 

(参考過去記事)

新作CD『Programme Commun』のお知らせ - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

Subrosa からのCD発売に関するお知らせです。 - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

 

リュック・フェラーリとブリュンヒルド・フェラーリの新作CDーBOXの発売のお知らせです - リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)