読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

Subrosa からのCD発売に関するお知らせです。

作品紹介 音盤

全国の3万5千人超のフェラーリファン、および3千5百人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。
先ほど寄せられたSubrosaからのお知らせメールを転載いたします。
なかなか気合いの入ったフォントで送ってこられましたので、その雰囲気をできるだけ残しつつ、転載してみたいと思います。


なお、英語の苦手な方は、最後のアドレスからSubrosaのリンク先に行っていただくか、もしくは
ダイレクトにこちらの
http://subrosa.itcmedia.net/en/catalogue/unclassical/luc--brunhild-ferrari.html
に飛んでいただくと、試聴もふくめた今回のCD『Programme Commun』の発売情報が手に入ります。

一応要点だけを説明してみますと、

1、2枚組で、さらにおまけに36ページの豪華特典ブックレットがもれなくついてくるということのようです。

2、1枚目はリュック・フェラーリのCDで、内容は
01. Programme commun (1972) 17'17
02. Didascalies 2 (1993) 17'55
03. Les EMois d'Aphrodite (1986/1998) 22'48
  
  2枚目は夫人で作曲家のブリュンヒルドフェラーリのもの
01. Derivatif(2008) 27'05
02. Brumes du reveil (2009) 28'20
03. Tranquilles impatiences (2010) 20'24

です。

お値段などの詳細情報はリンク先にて参照くださいませ。

写真だけでも、結構みものです。

SUB ROSA INFO #20


LUC + BRUNHILD FERRARI
Programme Commun

114 minutes
2 x CD Digipack inside a slipcase wallet
a 36 page booklet (photos, scores, texts)
SR363 AB

These two volumes are being released together and simultaneously,
as a sign of continuation.

For Luc Ferrari, this is the first full-length CD to come out after the trilogy
we developed with him
Les anecdotiques,a fifteen-part suite /2002 CD SR207
Son Mémorise /1976-2002 CD SR252
Didascalies /2007 CD SR259

What we have here is three substantial pieces:
Programme commun pour clavecin et bande magnetique/1972
performed by Elisabeth Chonacka,
Didascalies/1993 performed by Jean-Philippe Collard-Neven,
Claude Berset, and Vincent Royer (in 2009) and available only on vinyl/SRV305
(note that Didascalies and Didascalies 2 are two different compositions),
and another previously unreleased piece that he held dear:
Les emois d'Aphrodite/1986-1998,
performed by San Francisco's MC Band under his direction.

We are pleased to release for the first time, the solo works of Brunhild Ferrari:
Derivatif/2008
Brumes du reveil/2009,
Tranquilles Impatiences/2010

Forming a trilogy on reconstruction from a memory that is still quite alive.
To us, these works are new bricks in the erection of a liberating oeuvre.


http://subrosa.itcmedia.net/en/catalogue/unclassical/luc--brunhild-ferrari.html


digipack 1 / LUC FERRARI

digipack 2 / BRUNHILD FERRARI


DIGIPACK 1
LUC FERRARI
01. Programme commun (1972) 17'17
02. Didascalies 2 (1993) 17'55
03. Les EMois d'Aphrodite (1986/1998) 22'48

DIGIPACK 2
BRUNHILD FERRARI
01. Derivatif(2008) 27'05
02. Brumes du reveil (2009) 28'20
03. Tranquilles impatiences (2010) 20'24



. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .


mp3 / info / order
http://www.subrosa.net/