読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

特集二本立て!<『リュック・フェラーリ センチメンタル・テールズ』出版記念、大いなるリミックス~センチメンタル・テールズ> 

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 お待たせしました! 創設10周年を目前に控えたプレスク・リヤン協会(本部:パリ)。 今日は日本の読者の方だけではなく、海外のみなさまにもぜひ(翻訳してでも)読んでいただきた…

「ヘールシュピールとは何か?」【第一回:人形頭が聴いていた】

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 前回の「ヘールシュピールとは何か?」【第零回:ラジオを肴に呑んでいた】 からひと月遅れました。本日も引き続き「ヘールシュピール」についてお届けしていきます。 今回からいよい…

「ヘールシュピールとは何か?」【第零回:ラジオを肴に呑んでいた】

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 本日より月に一度の連載企画として「ヘールシュピールとは何か?」を全5回(予定)に渡ってお届けします。 ドイツで発生し、ヨーロッパに根強いファンを持つヘールシュピール( Hörs…

「センチメンタル・テールズ」に寄せて(1) (特集:センチメンタル・テールズ)

全国2万5千人のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 先日仏shiiinからブリュンヒルド&リュック・フェラーリによる4枚組CDボックス”Contes Sentimenteaux”(センチメンタル・テールズ)がついに発売されました。 当ブログ「リュック・フ…

ついにContes Sentimentaux(センチメンタル・テールズ)が発売されます!!

全国2万5千人のリュック・フェラーリファンのみなさま、おはようございます。 今日は長らくの間発売が待たれていた、ブリュンヒルド&リュック・フェラーリによるCD”Contes Sentimentaux(センチメンタル・テールズ)”がとうとうこの度、パリの”shiiin”より…

東京芸術大学で講演をしていただきました

11月13日火曜日、東京芸術大学千住キャンパスでブリュンヒルド・フェラーリ氏による特別講義が行われました。学内授業の一環であったため残念ながらこちらのブログではご案内できませんでしたが、多くの学生が関心をもって受講しました。講義内容はヘールシ…

リュック・フェラーリ、ヘールシュピールについて語る

リュック・フェラーリ自身がヘールシュピールについて語ったインタビュー。(ジャクリーヌ・コー『リュック・フェラーリとほとんど何もない』より。)J・コー「どのように作曲家はラジオのための仕事をするのですか、そしてそれは、独立した作品として考える…

ヘールシュピール。世界の音。私のセンチメンタル。

ジャクリーヌ・コー著『リュック・フェラーリとほとんど何もない』の帯の言葉「100人の聴衆に100の音楽がある、私はマイク。」を見てドキッとしたのを覚えている。作品を作るようになってから、ぼんやりと耳を澄ますことが多くなった。 街の中で、電車の中で…