リュック・フェラーリの『プレスク・リヤン協会』(簡易日本語版)

フランス現代音楽における重要な作曲家の一人である、リュック・フェラーリ(Luc Ferrari:1929~2005)に関する情報を主に日本語でお伝えします。プレスク・リヤン協会(Association Presque Rien)は彼の友人達によってパリで設立されました。現在もその精力的な活動の下で続々と彼の新しい作品や楽曲、映画、インスタレーションなどが上演されています。 なお、より詳しい情報は、associationpresquerien@gmail.comまでお問い合わせください

2019年11月のリュック・フェラーリ関連イベント(米国・欧州・日本)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 2019年2月5日のリュック・フェラーリの誕生日から始まったフェラーリ生誕90周年<STEREO SPASMS>もいよいよ佳境に入って来ました。 今月はニューヨークとパリ(モントルイユ…

2019年10月のリュック・フェラーリ関連イベント(日本)(10月11日追記あり)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 季節の変わり目を感じた途端、見事に体調を崩してしまいました。 みなさまもどうかご自愛ください。 プレスク・リヤン協会日本支局公式ブログでは、毎月冒頭にAssociation Presque Ri…

2019年9月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 リュック・フェラーリの録音アーカイブを使用した全ての芸術作品で競われる2年に一度の国際コンクール”Prix Presque Rien(プレスク・リヤン賞)”。 10年目5回目の節目を迎えた今回…

2019年8月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州・日本・発売情報)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 日本では冷たい梅雨もすっかり明け、ちょっぴり遅めの暑い暑い夏がやってきました。ヨーロッパを襲った異様な熱波のせいで、パリでは先月、なんと41℃という記録を出したそうです。 …

2019年7月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 昨日2019年6月30日をもちまして、Association Presque Rien(プレスク・リヤン協会)は創設13年を迎えました。リュック・フェラーリ没後の2006年パリでブリュンヒルド・フ…

史上初!映像作品でプレスク・リヤン賞特別賞を勝ち取った気鋭のアーティスト・白承昊さんインタビュー

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 今年で5回目となるプレスク・リヤン(prix Presque Rien)賞、みなさんはもうチェックされましたか? フェラーリのサウンドアーカイブを使って自由に創作できるこのコンクールは、ク…

2019年6月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州・日本)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 梅雨の前の熱波のせいで、今から野菜のお値段のことばかりが気になってしまいます。 2年に1度、無条件に応募できるユニークな国際コンクール、プレスク・リヤン(prix Presque Rien…

PRIX PRESQUE RIEN 2019(プレスク・リヤン賞2019)の応募方法詳細(最終更新:5月25日)

こんばんは。 長らくお待たせしました! 本日はいよいよ開催された、2年に1度の国際コンクール『プレスク・リヤン賞2019』(PRIX PRESQUE RIEN 2019)の募集要項の詳細についてお伝えしていきます。 2019年公式ポスター 応募のヒントともなっている、<<The dangerous freedom given to artists to create></the>…

【寄稿】リュック・フェラーリと「大いなるリハーサル」(シュトックハウゼン編)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 5月21日、京都の同志社大学寒梅館クローバーホールでリュック・フェラーリ生誕90周年記念企画として、リュック・フェラーリ、ジェラール・パトリス制作による「大いなるリハーサ…

【寄稿】リュック・フェラーリと「大いなるリハーサル」(メシアン編、シェルヘン編)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 5月14日、京都の同志社大学寒梅館クローバーホールでリュック・フェラーリ、ジェラール・パトリス制作の「大いなるリハーサル」シリーズより、『メシアンの《われ死者の復活を待ち…

2019年5月のリュック・フェラーリ関連イベント(日本、欧州)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 メーデーの5月1日、フランスでは幸せを願ってスズランを送りあう風習があるそうです。 「だからスズランは英語で <メイフラワー> というんだよ」という冗談のような嘘に長い間だま…

【この機会、逃せない!】ついにフェラーリの映画「大いなるリハーサル」を見るチャンスが5月、京都で!

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 本年生誕90周年を迎えるリュック・フェラーリ。PRIX PRESQUE RIEN 2019(プレスク・リヤン賞2019)ももちろん、世界各地でイベントが行われています。 器楽曲やラジオアート、…

2019年4月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州・ラジオ)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 日ごとに気温の変化が激しいとはいえ、確実に春の陽気を感じるうららかなこの頃です。花の色も萌える緑を見るのも楽しい季節になってきましたね。 2年に1度の国際コンクール、プレ…

2019年3月のリュック・フェラーリ関連イベント(日本、欧州)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 暖冬のせいか、3月は平年よりさらに暖かくなりそうです。道草ついでに梅の花を見るのが楽しい季節です。 支局ツイッター でも既にお届けしていますが、生誕90周年となる本年、サー…

時代を視た男、野田茂則さんインタビュー

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 2019年が明けて間もなく、イギリスではフェラーリ生誕90周年イベントの開催で沸くいっぽうで、日本のフェラーリファンにはセンチメンタルな出来事がありましたね。そう、リュック・フ…

2019年2月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 1929年2月5日、20世紀フランスの産んだ作曲家リュック・フェラーリがパリ5区で生誕していよいよ今年で90年を迎えます。 このため、今年2019年2月から来年2月までの…

リュック・フェラーリ生誕90周年記念!< Luc Ferrari "Eight Days A Week" in London その2>

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは! リュック・フェラーリ(Luc Ferrari 1929-2005)生誕90周年と本< STEREO SPASMS >の出版を記念して開催されるフェスティバル< STEREO SPASMS FESTIVAL CELEBRATES THE NINETIETH BI…

リュック・フェラーリ生誕90周年記念!< Luc Ferrari " Eight Days A Week " in London その1>

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは! リュック・フェラーリが1929年2月5日にパリで産まれてから本年で90年を迎えます。 ロンドンにあるアートスペース Cafe OTO と Close-Up Cinema では2月の7日から14日まで…

2019年1月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州・アジア)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、謹んで新年の寿を申し上げます。 リュック・フェラーリが1929年2月5日にパリで誕生して、本年は90周年になります。 昨年はミュージックコンクレート発明70周年、GRM創設60周年の年でし…

音楽作品と作曲者の意図について   〜 リュック・フェラーリLuc Ferrari《チェンバロとテープのための共同プログラム Programme commun pour clavecin et bande》(1972)をめぐって 〜  椎名亮輔

ー はじめに ー 文学の場合 音楽の場合 音楽作品の無意味性 現代における音楽美学の見方 現代音楽作品の意味・意図 ー フェラーリ《チェンバロとテープのための共同プログラム》について ー 作曲者の言葉 「政府共同綱領Programme commun de gouvernement」…

2018年12月のリュック・フェラーリ関連イベント

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 日本では各地で暖冬のようですが、フランスでは今年は厳冬になる予報だといわれています。 来年はリュック・フェラーリ生誕90周年。 ロンドンのCAFE OTO で来年2月になんと8日間…

【ありがとうございました! Thank you for RT】「船上のピアニスト」とは誰だったのか?【御礼とご報告】

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 さかのぼること1月ほど前の10月25日、支局ツイッターに掲載した1枚の写真がかってない反応を起こしました。 この写真に関して、日本語での投稿であったにも関わらず、1000…

「フェラーリ地帯(ライン)」(第9回「リュック・フェラーリを巡る <巡らない>映画話」)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 プレスク・リヤン協会本部のみなさんや、フェラーリについてよくご存知の方々から情報をいただいていると、時に「え〜、面白〜い(う〜ん、でも別にブログに書くほどでもないかも……)…

プレスク・リヤン賞常連!菊地成孔氏の粋な愛弟子、委細昌嗣さんインタビュー  

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。本日はプレスク・リヤン賞2013入選者の委細昌嗣さんのご登場です。 来る11月13日に、ドイツ人サウンドアーティストでプレスク・リヤン賞2015次席入賞者のヨハン(ヨハネス)・S・ジス…

2018年11月のリュック・フェラーリ関連イベント(日本)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 11月に入り、冬の訪れをますます近くに感じることが多くなりました。 11月1日はフランスのお盆で、たくさんの人がお墓参りや親族の集いに行くそうです。 芸術の秋、今月は奈良で…

70 ANS DE LA MUSIQUE CONCRÈTE 60 ANS DU GRM(ミュージック・コンクレート70周年、GRM60周年コンサート)とピエール・アンリのコンサート(パリ)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 今日は10月5日にパリのメゾン・ド・ラ・ラジオ(Maison de la Radio )内で開催された、ミュジーク・コンクレート70周年とGRM創設60周年を記念するコンサート「70 ANS DE LA M…

2018年10月のリュック・フェラーリ関連イベント(欧州)

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 本年の月頭のニュースもいよいよ今月を含め、後残すところ3回となりました。 日本ではまだすっきりとした秋を感じにくいですが、一方パリではファッションウィークが始まって秋の深…

リュック・フェラーリの「ダンボールからひとつぼし」(第10回:Murray PerahiaのBela Bartok(1981))

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 さすらいのコーナー「リュック・フェラーリの『ダンボールからひとつぼし』」、今回はわたくし渡辺愛が担当を仰せつかりました。 フェラーリ自身が生前に買ったり貰ったりしたレコー…

2018年9月のリュック・フェラーリ関連イベント

全国二万五千人超のリュック・フェラーリファンのみなさま、こんばんは。 日本では夏の終わりも見えぬ気配ですが、パリでは既に朝晩に冷え込みを感じるくらいだそう。 毎月冒頭のプレスク・リヤン協会日本支局公式ブログでは、Association Presque Rien(プレ…

「プレスク・リヤン賞2017で頂点に立った、柳沢耕吉ってどんな人?」

お待たせいたしました。 昨年末開催されたPrix Presque Rien (プレスク・リヤン賞)2017でAlexandre Homerinさんと同点で、見事Premier Prixに輝いた柳沢耕吉さんのロングインタビュー、満を持して公開です! 「柳沢耕吉さん?どんな曲作るの??」 電子音楽…